「瀬戸内海と海洋文化について語る」10月17日(日)

藤島八十郎の家ですてきでたのしい催しを企画しています。
瀬戸内海と海洋文化について、社会学者の山田創平さんに語っていただきます。瀬戸内海独特の地勢、文化、歴史について想いをめぐらせてみましょう。
10月17日13時からです。ぜひお越しください。
詳細は下記の通りです。

「瀬戸内海と海洋文化について語る」

ゲスト:山田創平(社会学者・京都精華大学専任講師)
ホスト:管巻三十郎(比較文化研究・藤島八十郎をつくる担当)
    藤浩志(美術類実践・藤浩志企画制作室勤務)

日時:10月17日13:00~15:00
会場:藤島八十郎の家(瀬戸内国際芸術祭作品番号23番/香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃1035-6)
参加料:無料(ただし、会場となる藤島八十郎の家への入場は瀬戸内国際芸術祭のパスポートもしくは個別鑑賞料300円が必要です。地域住民や藤島八十郎の関係者は入場料は必要ありません。)

「藤島八十郎の家」で新進気鋭の社会学者・山田創平さんに、瀬戸内海地域が育んだ独特の文化についてお話をしていただきます。
瀬戸内海は世界的視野から見ても恵まれた環境の多島海です。臨海地域や島には古くから人が住みつき、自然との共生が行われてきました。また交易の舞台としても重要な役割を果たしてきました。瀬戸内国際芸術祭の舞台となる瀬戸内海を、歴史的および地理的により大きなパースペクティブから考える機会にしたいと
思います。


■山田創平(やまだ・そうへい)プロフィール
京都精華大学人文学部専任講師。文学博士。
1974年群馬県生まれ。名古屋大学大学院国際言語文化研究科博士課程を修了後、厚生労働省所管の研究機関や民間のシンクタンクで研究員・リサーチフェローをつとめ、2009年より現職。専門は都市社会学、都市における感染症対策。また現在、厚生労働省科学特別研究事業研究班員、特定非営利活動法人関西エイズ対策協議会理事 、京都産業大学キャリア教育研究開発センター客員研究員を兼任。2008年に名古屋大学名誉修了者賞を受賞。

※「藤島八十郎の家」は、瀬戸内国際芸術祭2010の参加作家・藤浩志の作品『藤島八十郎をつくる』における架空の人物「藤島八十郎」の家です。「藤島八十郎」という人物は架空ですが、「藤島八十郎の家」は実在します。
[PR]