カテゴリ:豊島の風景・情景( 8 )

月に一度、21日のお大師さんの前の日曜日に湧き水のまわりを島の女性たちが掃除をする。
ゴミを拾い、枯葉を箒で集める。
おだやかなリズムで体が動く。
石に囲まれた場所があらたまった姿を見せる。
その間も鉱物のような輝きをもつ水は決してとまることなく動き続ける。

女たちは働き者であると同時に、語り手だ。
つれあいの素行、島を離れて暮らす子どもたち。
農作物の出来と季節の表情。
島のうわさをひとしきり。
おだやかな言の葉が水のまわりをかけめぐり、小さな笑いが炸裂する。
f0238058_12584036.jpg

[PR]
f0238058_15322950.jpg

あんまり人がいないみたい…。
[PR]

f0238058_23215653.jpg
島の人はできることはなんでも自分たちでやります。
写真はお寺の修繕のために古いコンクリートをはがしている様子。
[PR]
f0238058_18155354.jpg

[PR]
f0238058_13445822.jpg

[PR]
f0238058_12325210.jpg

山頂に到着。島を観察。宮本常一方式。島の地勢がよくわかります。
ケータイのカメラの調子が悪くて写真がきれいに撮れません。北本にデジカメを忘れたのは失敗でした。
[PR]
f0238058_2120959.jpg
もうすぐみたい。がんばろう。
鳥の鳴き声がとてもよいです。
[PR]
f0238058_1262510.jpg

檀山を登っている途中。もうすぐ頂上。
[PR]