<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日の豊島は夕方から雨。雨が降ると困る。でも恵みの雨。植物が育つだけではない。雨は雨という存在だけでいい。とくに島の雨ならなおさらだ。雨の音を聴こう。島にぶつかる音だ。建築物の屋根に雨が落下する音は構造上よく響く。石や土、そして池や海にも雨は降りそそぎ、それぞれの音を響かせる。今日、僕はビニールハウスの中で草ぬきをしながら雨音を聴いた。ビニールに落ちる雨音がハウスの中に反響した。僕はカリブ海の島国キューバのスコールを思い出した。陽気がビニールハウスの中で熱をもち、熱帯の記憶を呼び起こしたのかもしれない。日本の豊島とキューバのイスラ・デ・ピノス。島国のそのまた島。
水が水蒸気になって空高く上昇し雲になり、やがて雨として落下する。その水の旅を想像しよう。目に見える水から水蒸気という不可視の存在になり、重力に逆らって上昇する。再び姿をあらわし重力に従い落下する。何千メートルかの垂直方向の移動の間に、どれほどの水平距離の移動があるだろう。今日、島に落ちてきた雨のこの一滴は雲になる前、どこの海にいただろう。今目の前にある1リットルの水の1年前の所在を考えてみよう。その集合と離散の複雑さは想像を絶する。
植物は地中の根から水分とともに栄養を得る。人の体も約7割が水分だといわれている。途方もない距離を移動している水のつかの間の休憩地点が、ただひっそりと咲く花や名前も呼ばれることのない雑草であり、僕やあなたの体である。
雨は土砂を削り、時間をかけて石を砕く。水が地形をつくる。今ある地形をなぞり、地形にそって流れる。土地に従っているように見せて、土地を少しずつつくり変えていく。そう考えると雨はまるで島の人の言葉のようだ。島の人が島を語る。島のできごと、誰がどうした、そんなうわさ話。でも、その語りの受け渡し、言葉の流れが同時に島をつくっているからだ。
晴れの日は島の人の話を聴こう。豊島ではそれほど雨は降らない。話が好きな人はたくさんいる。嫌いな人もいると思うけど。雨が降ったら雨音を聴こう。島の気配が近づいてくる。
[PR]
ブログを再開します。
正直いってもうこのブログを書くのを止めようかと思ったのですが、人からいろいろ言われて自分がやりたかったことに対してモチベーションが下がるのはバカバカしいし、まだ書きたい熱は保っているので再開します。
ただし、「藤島八十郎をつくる」プロジェクトはとりあえずお休みになると思います。プロジェクトの今後について知りたい人は藤浩志さんにお問い合わせください。何か動きが生まれて告知することができた場合、そのときこのブログが続いていればもちろんここでも発表します。
僕、管巻三十郎はこのブログで、(1)「藤島八十郎をつくる」活動でおこったできごと、(2)僕が豊島で生活している日常のあれこれ、の2種類の文章を書いていくつもりです。
(1)は時間がたってしまったし、ドキュメントというより回想という形になってしまいますが、たくさんの協力してくれた方がいるので、できるだけ文章にしたいと思っています。
(2)については、八十郎のブログとは別にしようかと悩みました。「藤島八十郎をつくる」は瀬戸内国際芸術祭2010に参加している藤浩志さんの作品としての活動で、僕もアシスタント兼プロジェクト・パートナーとして参加しましたが、瀬戸内国際芸術祭2010が終了した以上、今の僕の生活は芸術祭とは関係がないからです。しかし、八十郎の活動があったから今の豊島での僕の生活があるのも事実だし、本来なら会期中に記述するはずだった島の日常を八十郎の活動の延長として書きたい気持ちもあります(ただし、芸術祭にとって都合が悪かったらいつでも止めるので、実行委員会の人は問題があれば僕までご連絡ください)。僕の日常生活といいつつも、それは豊島のフィールドノーツになるでしょう。とりあえずは八十郎のブログの中で(2)の内容も書いていきます。
僕自身はアートに対する関心を失っているので、アートファンが喜ぶようなものは書けないでしょう。申し訳ないですが、そういう期待に応える資質は僕にはありません。でも「八十郎をつくる活動」に興味をもってくれた人がいたとして、そういう人が読んで何か考えてくれるようなものが書けたらいいと思っています。というわけで、あまり期待せずにときどき覗いてください。
[PR]